*

クレジットカードの現金化では換金率で業者の安全性を確認しよう

クレジットカードのショッピング枠を利用して、現金を手に入れられるのが現金化という方法です。

方法としては、業者が指定した商品を購入して、それをキャッシュバックであったり、買い戻すといった形で利用者に現金を渡したり振り込んだりする形がとられています。

ここで重要になってくるのが換金率です。

買い物をした額に対して、どのくらいの割合でキャッシュバックや買い戻しが行われるのか、という割合のことを言うのですが、優良な業者はおよそ80%くらいとされています:口コミで人気のネオギフト

ところが、世の中には90%から100%に近い数字で換金をしてくれるという業者がいます。

それは利用者にとっては、非常に魅力的な数字ではありますが、本当に大丈夫なのかという疑問が出てきます。

業者も人を雇ったり事務所を構えたりすることで、会社を経営していくには相応のコストを掛けています。

利益が出せなければ維持していくことが出来ません。

もし、利益を過剰に削ってまでクレジットカードの現金化を行っているのであれば、それは従業員に大きな負担をかけているか、

クレジットカードの悪用などをしている悪質な業者である可能性が高くなります。

安全性を求めるのであれば、換金率が高すぎる業者は避けて、一般的な数字を提示している業者にしましょう。

なお、低すぎる場合には、それは利用者から必要以上に手数料を取ろうという業者ですから、やはり安全性が低い業者と言えます。

現金が必要だからと言って、焦ること無く慎重に業者を選ぶことが安全性を確保するためには重要です。

 

タグ :


コメントする