*

2016年11月

アセをかいても怖くないと感じるようになった

アセをかいても怖くないとワキガなのに感じるようになった私の経験について話します。
私は母親からワキガを譲り受けてしまいました。
自分がワキガだと自覚したのは中学一年生の頃でした。
私の通う中学校はセーラー服だったので、ブレザーのように毎日シャツを変えられなかったのです。
毎日同じ制服を着続けているうちに、なんだか制服が臭い出したのです。
最初はただの汗の臭いかと思っていたのですが、姉の制服の脇の部分を嗅いでもそんなに臭くないんです。中学一年生といえば思春期真っ只中で、友達にはもちろん親にも自分の制服の脇部分が臭いなんて言い出せず、制汗スプレーを必死にふりかけなんとかごまかしていました。

夏になり汗の量が増えるにつれて臭いも増していき、最終的には親にバレてしまいました。
でも、ここで親が気づいてくれたお陰で学校で臭いと虐められずに済んだと思うので、結果的にはよかったと思います。
5000円近くするワキガ用のクリームなども試しましたが、1番効果を感じられたのがデオナチュレのソフトストーンWという商品です。
お風呂上りに両脇に塗るだけで汗をかいても全く臭いがせず、初めて使った時は感動したほどです。
それまでは汗をかくことを極力避け、脇の付近に顔を寄せられれば、ワキガがばれてしまうのではないかと冷や冷やしていましたが、今ではそこまで神経質にならなくてもよくなりました。
ワキガで困っている方がいたら、迷わずこのデオナチュレのソフトストーンWを使用することをオススメします。

体臭の解消に軟膏を使うまでの30代女性